◆〚無意識へのアプローチ〛

〚お金のプライミング〛価格の表示方法によって購買時の心理的ハードルが下がる!

キーポイント

~ 売るものによって価格の表示方法を変える! ~

assorted variety of fruits
Photo by Mark Stebnicki on Pexels.com

あなたは買い物の時に価格を気にしますか?

わたしは結構気にする方だと思います。

ただ、買うものと状況によって変わりますが…

今回は、お金のプライミングに関する面白いお話です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


プライミングとは?

あなたはプライミングという言葉を知っていますか?

心理学における心理技術のひとつなのですが。

事前にさりげなく

『ヒントとなる情報を与える』

事によって、

『相手の行動を操作する』

というものです。

例えば…

事前に『サンタクロース』の話をしておいて、

その後で果物を想像してもらうと

『サンタクロース』の

赤色のイメージが事前に

脳に刷り込まれるため、

それにつられて

『りんご』『イチゴ』

答えてしまうというものです。

子供の頃に

「ピザって10回言って~…」

と遊んでいた

『10回クイズ』

も、プライミングの法則を利用したものです!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お金のプライミング

お金は人を利己的に変える

clear light bulb placed on chalkboard
Photo by Pixabay on Pexels.com

心理学者の

キャスリン・ヴォース氏

がお金に対してのプライミングの

研究結果を残しております。

その内容とは…

学生の被験者たちに事前に

お金について書かれた本を読ませお金のヒントを植え付けた状態

で、難しい課題を出しました。

その結果…

事前にプライミングされた

被験者は、

そうではない被験者に比べて、

他者と協力しあうまでの時間が、

70%も遅くなり

誰かに助けを求められても

力を貸す時間が

半分も減少しました。

また、独りでの作業が多く、

人との関わり合いも

少なくなったようです。

この実験によって以下の事が

分かりました…

お金のヒントを事前に

植え付けられた人は、

他者に頼ることも、

他者から頼られることも

好まなくなるという事。

「確かに『お金お金』してる人

『ケチ』な人は

どこか接し難い気がしますし、

そのような経験も

何度かしたことがあります…」

「もちろん全ての人がそうだと言っているわけではないですよ!!」

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

価格の表示方法によって購買時の心理的ハードルが下がる⁉︎

突然ですが問題です‼︎

テレッ♬

下記の問題にお答えください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

レストランで下記の

3種類の価格表示のメニュー表で

営業を行いました。

どの価格表示が

もっとも良い結果を

出したと思いますか?

① 1,000円(円や¥の記号をつけた表示)

② 1000(記号もカンマもない数字のみの表示)

③ 千円(文字での表示)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

決まりましたか??

結果は…

記号もカンマもない数字のみの価格表示

です!!!

sei
sei

正解した方!

おめでとうございます!!

この結果により、

『価格の表示方法が心理的に購買に影響する』

ということを、

アメリカのコーネル大学が

実験結果を

発表してくれております。

レストランにて

実際に上記の実験をしたところ、

『文字での表示』『記号をつけた表示』

のメニューを見たお客様よりも

『記号もカンマもない数字のみの表示』

のメニューを見たお客様の方が、

かなり多くの金額を

費やしたそうです。

コレは価格の表示方法によって、

購買に対する

『心理的ハードルが変わっている』

という結果です。

結果に作用した理由は、

『記号もカンマもない数字のみの表示』

『記号をつけた表示』『文字での表示』

よりも

直感的にお金をイメージさせやすいから

だといわれています。

お金をイメージしてしまうと、

利己的になり

『節約思考が働く』

といった感じですね。

stack of different currency with photo of men and buildings
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


的確な価格表示

売るものによって表示を変える

上記に書いたように

『お金に関してのイメージ』

が全て利己心をとらえるわけではなく、

『大切な人へのプレゼント』

を購入する場合などは

逆に作用することがあることも

理解しておいたほうがいいです!

例えば、

『プレゼントでダイヤモンドを買おう』

としている時に

『特別還元セール20%OFFです!』

と利己心に訴えかけても、

それは買う人の心理に

反した提案になってしまうため、

お客様の心には響きません。

このように

利他的な感情

購入される商品などは、

『高価であればあるほど』

その品物に対しての

『品質の保証』

と捉えらることが出来ますし、

それを買う事で購入者が

『優越感に浸る』

ことができる。

という面もあります。

と、いうことは…

売るものによって価格の表示方法を変えるべきなんです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


プレゼントや、高価な物はあえて金額を伝わりやすくする

先程の

大切な人へのプレゼントや、

自分へのご褒美を

購入する場合は、

『金額が高い』=『良い品質の物』

というふうに脳が認識します。

なので…

あえて金額が伝わりやすいように

表示する事で、

『価値感』や『満足感』を

与えられます。

大切な人に

高価なプレゼントを買っている時に、

『オレってかっけー』

って感じたことはありませんか?(*≧∀≦*)

恥ずかしながら

自分は何度かあります・・・

man leaning on post
Photo by Horacio Rojas on Pexels.com

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 まとめ

『プレゼントで購入する物』や

『高価な物』に関しては、

あえてお金をイメージしやすい

『円や¥の記号をつけた表示』

にする事で、

『価値を伝える』

『優越感を与える』

ことが出来る。

『日常的に使う物』や

『浪費での買い物』などの商品には、

『記号もカンマもない数字のみの表示』

をすることで

『利己心』に訴えかけ、

直感的にお金を

イメージさせないようにし、

良い結果を得ることが出来る。

という事です!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ぜひ、

日常の中で価格の表示方法に

目を向けてみて下さい( ^ω^ )

何か感じることが出来るかもしれません!


それでは皆様にとって

素晴らしい1日となりますように♪

最後までお読み頂き

有難う御座います!

person holding pink flower
Photo by Sinan Serin on Pexels.com

Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメント

タイトルとURLをコピーしました