◆〚無意識へのアプローチ〛

〚脳の痛みを和らげるためにセット販売を・・・〛         ~人の無意識に訴える~


キーポイント

~ 購買時の脳の痛みの軽減方法 ~

beauty products and gift box
Photo by Karolina Grabowska on Pexels.com

皆様は最近記憶に残るようなお買い物をしましたか?

今回は

「何かを買う行為により、脳が痛みを伴っている」

というお話を

させて頂こうと思います。


物を購入する事で脳が痛みを伴う

カーネギー・メロン大学と

スタンフォード大学の

合同研究により、

『何かを買う行為により、脳の痛みの中枢が活性化する場合がある』

という実験結果が

発表されています。

ちなみに脳波の動きだけで、

購入意思があるか無いかなども

分かったようです!

↑↑↑↑↑

コレはなんとなく

分かる気がするのですが…

こんなに人の心理や行動が

科学的に解明されてきてるって事は、

近い将来お客さんの

購入意思の有無がお店の中で

判別出来るシステムとか

出来そうですね。

もしかしたら

すでにあるかも知れませんけど…(◎o◎)!


脳が痛みを伴う原因

研究結果の中で分かった事は、

単純に金額が

大きいか小さいかではなく、

その商品に対しての

価格が適正かどうか が

問題になったとの事です。

例えば、

車を買う場合に

何十万~何百万を支払っても

痛みは伴わないが、

自動販売機で120円を入れて

何も出てこない場合は

脳が非常に痛みを

伴っているという・・・(´༎ຶོρ༎ຶོ`)


セット販売で痛みを最小限に抑える

車のオプションパーツ

(カーナビやバックモニターなど)

の例だと、

それぞれのオプションを

別で購入しようと思うと

価格が気になるものですが、

すでに車に豪華なオプションを

付けて販売した場合、

その価格に複数のアイテムが

含まれているため、

脳の痛みが最小限に抑えられる。

セットになっている

個々のアイテムと

具体的な価格を

結びつけることが出来ずに、

販売価格が

適正であるかどうかや、

付属品の有用性が

価格に見合っているかどうかを

簡単に判断できなくなるようです。

アイテムの適正な価格は1つではない!

コーヒーだと、

自販機で購入するよりも

スターバックスで購入する方が

適正価格は高くなります。

ビールなどにしても、

海水浴場では

コンビニの

倍以上の金額を払ってでも

買い求める人は

たくさんいますよね!

価格設定と製品そのものは、

支払い時の脳の痛みを

最小限にとどめる為に

最適化する必要がある。

まずは、

価格が適正だと認識させる事が

重要です!

もし、

販売する商品が

ほかの商品より高い場合は、

それが上質である理由を

しっかりと説明しなければ

なりません。

もしくは、

お客様に金額的に

高いと感じられるような

場合があれば、

何かアイテムを

セットにして販売し

痛みを和らげる必要があります。


クレジットカードは鎮痛剤

bank blur business buy
Photo by Pixabay on Pexels.com

クレジットカードが

購買行動から

痛みを取り除く存在に

なっている研究結果もあり、

支払い時に

財布から現金を取り出す事で、

人は購買について

慎重に判断しよう

という気持ちになります。

最近では様々な支払い方法が

増えて来たため、

交通系ICカードや、

様々な電子マネーなどの

選択肢を設けることで

クレジットカードのような

鎮痛剤の役割を

はたしてくれるので、

支払いに対しての

脳の痛みを軽減できます。

金銭的に余裕のないお客様に

無理に商品を売る事はオススメしませんが、

お客様が誰であれ、

購入の際の痛みを最小限に抑える事は

購買条件として

非常に重要になると思います。

様々な業種で

電子マネー化や

クレジット決済化が

進んでいるのも、

色んなお店が

導入していっているのも

納得ですね(;^ω^)

昔はタクシーで

クレジットカードが

使えなかったのですが、

少し前から使えるようになり、

一度クレジットで決済して以来

タクシーへの抵抗が下がったのを

個人的に強く感じます。


皆さまの「商品」「サービス」で

セット販売や、電子マネーを導入し

お客様の脳の痛みを抑える事は

出来ませんか?

それでは、皆様にとって

素晴らしい一日になりますように…♪

最後までお読み頂き有難う御座います! 

sea waves crashing on shore during sunset
Photo by Lukas Rodriguez on Pexels.com
Click to rate this post!
[Total: 0 Average: 0]

コメント

タイトルとURLをコピーしました