◆〚勝手にマーケティング〛

〚数字を使ったメッセージで訴求力【爆上がり】!〛


hotdog sandwiches on white background
Photo by Polina Tankilevitch on Pexels.com

ローソン「GOOODOG」事実1秒に2個売れた!

キーポイント

~数字を使っあたメッセージによるインパクトのある訴求方法~

こんにちは、今回はローソンで2020年5月に発売され話題になった「GOOODOG」(グーードッグ)の数字を使った広告アプローチを自分なりに解説させて頂きます!


コンビニも様々ありますが、皆様はどこを良く利用しますか?

セブンイレブン、ローソン、ファミマ、ミニストップetc…

地方だと大手以上にしっかり顧客を掴んでいるところもありますよね!

2020年の顧客満足度では北海道のセイコーマートがセブンを抑え1位にもなりましたし、「やっぱ、九州のコンビニはポプラやね…」とシーナ&ロケッツの鮎川誠さんがCMで名言を残されておりますし!(実は本社は広島なんですけどね 笑)

「trashbox0410さんがYouTubeに上げてくれていたので、ご興味ある方は是非見てみて下さい」

————————————————————————————–

2020年度 JCSI(日本版顧客満足度指数)第1回調査結果

https://www.jpc-net.jp/research/detail/004623.html

ポプラCM
https://youtu.be/aT30f1gGR1A

————————————————————————————–

個人的にはファミマが日常使い、パンはセブン、スイーツ&特化商品はローソンみたいな感じで利用しております。

そして、福岡に住んでた頃のお弁当は間違いなく「ポプラ」でした!

理由はと言いますと、お弁当を購入すると、ご飯を炊飯器から盛ってもらえて、さらに爆盛り‼︎‼︎

冗談抜きで蓋が浮いているレベルでしたから、若い頃は非常に嬉しかったです☆

すみません、少し話がそれてしまいました… (;´Д`A

本題の「GOOODOG」に戻ります!

2020年5月に「GOOODOG」が発売された時のというキャッチコピーがこちら

「事実1秒に2個売れた!」

凄いインパクトじゃないですか?

コレは食べずして通れないと思い、見た瞬間ローソンに駆け込みました。

それで食べてみたのですが、本当に美味しかったのを覚えてます(しっかりとメモも残してました)

パンもフワッフワでしたが、個人的にはソーセージのインパクトが強かったです。

完全にパンからはみ出したサイズ感と、パリッっと食感、そしてジューシー。

本当に温めただけ?という位の衝撃でした!

ただ、「1秒に2個」ってどうやって売るんだろ~?

それ以上に仕事で「このキャッチコピー使いたいと思い、次の瞬間には色々と調べ始め始めておりました。

そして自分なりに答えを出し、いつか使おうと思いウズウズしております(´∀`*)

では、コレから解説させて頂きます。


まず必要な情報として何個売ったの?

というところですよね。

それはローソンさんが店頭 POP(※)に記載してくれておりました。

202024日~17日の全店における「とろけるコク旨チーズ」と「トマトオニオン」の全店合計売上数からの算出です」

との事です。

なので…

1日が86,400秒だから、

14日間で1,209,600秒

って事は…

2,419,200

2百41万…

凄い数になって来ました(汗)


何店舗あるの?

次に気になったのが、ローソンって何店舗あるの?

先程の記事にあった期間2020年2月4日~17日なので、2020年2月のデータを見ると…

2020年2月

12844店舗

との事です。

※ ちなみにローソンストア100では販売していなかったようなので、除外しております。

————————————————————————————–

月次情報-2020_2|ローソン公式サイト
コンビニエンスストア「ローソン」の公式ウェブサイト。店舗/ATM検索、新商品紹介、各種店舗でのサービスや活用方法などのご紹介。株式会社ローソンの企業情報掲載。ローソン「三鷹の森ジブリ美術館」情報。

————————————————————————————–


1店舗何個売ったの?

いよいよ…

販売総数が

2,419,200個

で、店舗数が

12,844店舗

って事は、

188.35個

さらに14日で割ると

13.45個

※ 立地により商圏距離や見込み客も変わりますが、今回は伝わりやすいように当分割りしております。

ん?ちょっと待てよ、1日13.45個?

???さっきの凄まじい数はいずこへ???

「これ、普通に売れるんじゃ??」コレが自分の率直な感想です。

が…


今回の凄さは「キャッチコピーの付け方」!!

もちろん「240万個売れた」というキャッチコピーでも凄さは伝わりますが、いまいちボヤけてしまいます。

2週間で240万個売れた!

なのか、

1秒で2個売れた!!

で、印象は全然違いますよね?


要因は直感的に伝わりやすいから!

他の例えであれば…

約12万キロメートル

というよりも、

ほぼ地球3周分

といった方が凄さが伝わりやすいですよね!

人に伝える際はいかに身近なものに置き換えて伝わりやすいもので例える事が出来るかが非常に重要ですね!


ローソンさんの「GOOODOG」の販売数は凄まじいと思いますし、簡単に売れる数では無いと思います。

しかし、このように数字を使ったインパクトの強いキャッチコピーを自身の商品やサービスに対して使おうと思えば、期間を決めてしっかりオススメ販売するなどを行えば、全然可能だと言うことが分かりました。

もちろん良い商品である事が大前提ですが…


皆様の商品、サービスで数字を使い直感的に伝わるキャッチコピーで訴求力を上げる事は出来ないですか?

是非考えてみて下さい!

それでは、皆様にとって素晴らしい1日になりますように…

最後までお読み頂き有難う御座います!

Click to rate this post!
[Total: 1 Average: 5]

コメント

タイトルとURLをコピーしました